「ドッグトレーナーが教える」換毛期対策!!

スライド1-2
モラキジドッグ通販

寒かった冬も終わり、暖かい春が近づいてきましたね。
厚着をしていた冬服も、そろそろ春の装いに衣替えする時期です。

この時期は犬も衣替えをします。
そろそろ冬毛から夏毛に切り替わる換毛期ですね。
今回は犬の被毛について!

犬も衣替え!換毛期はこまめなブラッシングを

なぜ、ブラッシングが必要なのか
毛並みを美しく保つのはもちろんですが、血行促進やノミ、ダニ予防などの意味もあります。それどころか毎日愛犬のちゃんと触ることにてってリンパ節の腫れや病気の早期発見にも繋がるケースもあるのです。その意味は多様ですが、犬種によっては毛玉になったりもするので飼い主さんとしてのケアはマナーの一つですね。

被毛の構成

スライド1-1
犬の被毛は、ひとつの毛穴から2種類の異なる毛が生えています
長くて太いトップコート(上毛)は皮膚の保護
短くて柔らかいアンダーコート(下毛)は、保温保湿
それぞれの役割を持ちます。

被毛の生え方は2種類

『ダブルコート 』
二重毛ともいわれ、トップコート( 上毛 )とアンダーコート( 下毛 )から構成される被毛をもちます。抜け毛は常にありますが、季節の変わり目の換毛期は特にお手入れをしてあげる必要があります。

ラブラドールレトリバー、ダックスフンド、柴犬、チワワなど

『 シングルコート 』
一重毛ともいわれ、被毛がトップコート1種類のみで構成されています。抜け毛が少ないのでお手入れは簡単ですが、柔らかい毛を持つ犬種が多いため毛玉ができやすく、日頃のお手入れが必要です。

マルチーズ、プードル、シーズー、ヨークシャテリアなど

換毛期

冬毛から夏毛に変わる換毛期の被毛は、少々粗めの被毛で密度が少なくなります。

犬の換毛は季節変化や外気温が影響されていると思われがちですが、実は日照時間が影響されると言われているんです。

冬の短い日照時間のあいだ休止期に入っていた被毛は抜け毛も少ないのですが、日照時間が伸びるにつれ犬の自律神経が刺激され、冬毛を押し出すようにして新しい被毛が生まれてきます。

この時期のお手入れは重要で、こまめにブラッシングをしてあげることで被毛の中に新鮮な酸素を取り込むことができ、ブラシで皮膚を程よく刺激をしてあげることで、より綺麗な被毛に生まれ変わり、皮膚の状態をフケや痒みから守ることができます。

ブラシを好印象に!

直接ブラシを当てずに、ブラシの裏面を体に当てて慣らしたり、ブラシの上におやつを置いて食べさせてみるなど、ブラシに良い印象を持たせてみましょう。
IMG_5456-1-615x461

IMG_5458-615x461
スリッカーブラシは先端の刺激を痛がる犬もいますので、先端が丸くなっているものなど刺激の少ないブラシから初めて見るのも良いと思います。

IMG_5457-615x461
ブラッシングをライフワークにして定期的なケアを心がけ、常に健康な皮膚と毛を保ってあげることを心がけてください。


噛み癖しつけ、などに困ったら問い合わせは無料です。

zuttodog

LINE@スタートしました。
イベント情報やアクセス数が高いポストや
お得情報を配信させていただきます。
友だち追加数
スライド1-2

楽しめたらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です