いくつもいくつも山を越えて帰ってきた紀州犬の話。しかし、、、

FB_IMG_1457860642578 のコピー
モラキジドッグ通販

夫の父方の祖父は、田舎の人だ。
若い頃はイノシシ狩りが趣味だった。
祖父の家には紀州犬がたくさんいた。

猟犬のなかに、シロと呼ばれるオスの紀州犬がいた。
姿かたちが美しく品評会で何度も優勝したそうだ。
シロは人間には従順だったが、ひとたび狩りになると一変。
山のなかでは恐れを知らず勇猛果敢。普通は人間が銃でしとめるところ、シロは
最後イノシシにとどめをさすところまで、一匹でできてしまう犬だったそう。

祖父は兵庫県在住。
大きなイノシシを何頭もしとめたシロの名声は、隣の岡山まで届いた。

義父は当時、小学生だった。シロはとても義父になついてた。
義父もシロを可愛がっていて誇りに思っていた。

ある日、岡山のお金持ちから、シロを売ってほしいという話があった。
いまから五十数年以上前のこと。
当時のお金で、最高級のテレビが買える値段だった。
シロは売られてゆき、祖父の家には大きなテレビがやってきた。
義父は泣いたそうだ。

それから何週間もたったある日のこと。義父が自宅近くのあぜ道を歩いていると、
田んぼのなかに汚れた白い犬がうずくまっているのを見つけた。
義父に向かって弱々しく尻尾を振っている。
シロだった。
遠く岡山から兵庫まで、いくつもいくつも山を越えて帰ってきたのだ。
結局、シロは岡山に戻された。
すでに代金をテレビに使ってしまっていたので、そうせざるを得なかったそうだ。

昔と今では犬の飼い方が違うのかもしれないが、シロが不憫で仕方がない。

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1358944259/

LINE@スタートしました。
イベント情報やアクセス数が高いポストや
お得情報を配信させていただきます。
友だち追加数
FB_IMG_1457860642578 のコピー

楽しめたらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モラキジドッグ編集長

ペットライフデザイン協会 / NPO法人 日本ドッグマナー協会
モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 順番で雑種、Mシュナ、イタグレ、ヨーキーの四匹のオーナーでもあります。犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)をコンセプトに情報を提供するために立ち上げました。無添加の手作りフードも販売中です。